서비스 이용 (일본어)

카리 유시 (KARIYUSHI LCH).の ご 利用입니다.
종래의 호텔 시스템과는 다른 서비 스나 루어가 있습니다 만, 이용에 앞서 반드시 필요합니다, 반드시 확인해주십시오.

카리 유시 (KARIYUSHI LCH). 귀하는 손님이 안전을 보장하기에 안성맞춤인데, 숙박 約款는 다음과 같은 조건을 충족해야합니다.이 기준을 준수하는 경우에는 숙소 약款 第 7 条 に 準拠합니다. , や む を 得 ず ご 宿 泊 및 宿 内内 施 設 の ご 用 開 を 断 り 申 し あ が る ご ご ざ い を ご せ い し ょ う ご し ょ う ご し ょ うKARIYUSHI LCH. LCH (로코 스토 호텔)입니다. 쾌적 성 · 利便 性 安心 · 安全 を 基本로, 서비스를 シ ン ポ ー ル に 提供하는 こと で, これ 以上 も 気軽 に 호텔을 ご 用 い た し て できる こと と なり まし た.

第 1 条 항목 및 館内 の ご 利用 について
(1) 客室로부터 の 避難 路 図 は, 입구 入口의 뒷쪽에 제시되어있어 고맙다.
(2) ご 宿泊 등록 者 이외의 方 の ご 숙소는 ご 遠慮 ください.
(3) 객실에서 の ご 利用 時間은, 14 : 00부터 翌日 の 10:00까지 と し ます.
(4) 長期 の ご 宿 泊 이용, 居住에 관한 法律 上 の 権利 が 発 生 する もの는 い い で は하지 않을 것입니다.
(5) 未成年 者 の み の ご 宿泊 は, 保護 者의 허가가 없기 때문에, 제한적입니다. 心身 용품, 薬 物, 飲酒 等으로 理性을 失 う ど ど れ て も, 他人 客에 迷惑와 不安를 與 すご 利用 者 も ご 遠慮 し て ください.
(6) ご 滞在 中 お 部屋, 호텔에서 외출 될 경우는, 반드시해야할 일을하고 싶다. 正面 玄関, 本館는 コン ビ ニ ア ス ト ア ア ス コンタクト 戶 も カ ー ド キ ー で 行 み 開 き る こと が できる.
(7) 不可抗力 이외의 事由로 建造 物, 備品, その他 物品가 손상되거나 紛失 さ れ た 場合, 상당 額을 弁償 し て い た こと が あり ます.
(8) 客 室内 に は サ ン ビス を シ ン プ ル に ご 提 供 す る に は バ ス タ ル ル & フェ イ タ オ ル (人数 分) の み の 準備 と なり ます. 손님의 몸에 필요한 것, 치유 브래지어, 샤프 & 리온, 髭 剃 り 等の 類義語 類 は ご 持参 ください.
(9) 本館 の エ レ ベ ー タ は, ご 宿泊 さ れ て い る フロア ー のみ に 止まっ て い 않습니다. エ レ ベ ー タ ー 内 の セ ン サ ー に カード 錠 を か し て ください.
(10) 콘 시엘 쥬 데크는 아침 8 시부 터 밤 21 시까 지 영업업을 수행합니다. 또한 유료 콘센트 린더의 이용에 관해서는 18 시부 터 21 시까 지 콘시 쥬 데크에 직접ご 依頼 し て く だ さ い. バ ス タ ル 一 枚 300 円 税 分 で 承 承합니다.
(11) 체킹 인은 14:00에서 21:00까지, 체크 아웃은 아침 10:00 전부터 있습니다.
(12) 本館 の 正面 玄関 は 夜 22 時 過ぎ と 自動 的 に 施錠 さ れ ます. 本館에 お 泊 り の 方 は 玄関 口의 センター에 카드 탭을 닫은 채로 열어주세요. 그리고, 콘 비니 엔스 스토어에의 연락 口도 마찬가지로 開 錠하십시오.
(13) 館内는 모두 禁煙이고 아직 씁니다. 敷地 内 で の 喫煙 は ご 遠慮 し て ください.

第 2条 部屋 の 鍵
(1) ご 滞在 中 お 部屋에서 外出 さ れる とき은, 施錠 錠을 ご 確認 ください.
(2) ご 借室 및 就寝 寝 內 は, 必 ず ド ア の 「ア ア チ ェ ン」을 お い し て ください.
(3) お 部屋 の カード 키는, 当 ホテル를 出 発 し て 必 ず 本館, PREMIUM은 「フ ロ ン ト」, 2 번째는 「返却 用 キ ョ ッ ク ス」에 회신하십시오. 회신 할 수없는 경우는, 카드 키 재발행 요금 그대로 1000 円 세금 별도를 부탁드립니다.

第 3 条 来訪 者
ご 訪問 客 と の ご 面会 は ロビー で お願い 致し ます. ド ア ノ ッ ク さ れ た 時 は 「ア ア チ ェ ン」을 か け た ま し て か な, ド ア コ ー プ で ご ご주세요.

第 4 条 客 室内
(1) 客 室内 및 廊下에서 は, 호텔의 허가가없는 난방 시설 · 요리 용 등의 화기와 손님 등을 ご 使用하지 않을 경우. 손님 실내의 調理는 堅 く お 断 り い た し ます.
(2) 모든 館에서는 금연입니다. 所 定 の 喫煙 所 を ご 利用 ください.
(3) 호텔의 허가가 많은 인원을 영업일로 · 事務所 · 파티 등, 숙박 외의 목적에 사용에 이르지 마세요.
(4) 호텔의 허가가없는 고객 실내의 용품을 이동 시키거나, 고객 실내에서 조업을하고, 어떤 사람은 개조하지 않으 셨습니다.
(5) 客 室의 小 物 備品 は, 客 室 밖에서 가지고 나가지 않는다.
(6) 호텔의 외관을 위해 다음과 같은 것을 창측에 추가하지 않아도됩니다.
(7) 客 室内 ベッド에서 飛び 降り る な ど の 危機 行為은 止려고 する.
(8) 고객 실내에 전화가 없다. 긴급시에는, 手持ち の 携帯 電話 も, エ レ ベ ー タ ー ホ ー ル に 備 え 付 の 館内 電話으로, コン 실 쥬드 크에 문의하십시오.

第 5 条 귀중 品
호텔은 일인의 책임을 부과하지 않습니다. 호텔은 일인의 책임을 부과하지 않습니다.

第 6 条 お 預 り 物
お 預 り 物 の 보관은 一切 受 け 取 れ い 않습니다. ご 宿泊 の 当日 の 荷物 の 先 送 は 別 の 手 手 料을 頂戴 し て い ます. 後部 手 荷 物 の お 預 り て も 一切 受 け 付 い て い 않습니다.館内 備 え の ロッカー を ご 用 ください.

第 7 条 遺失 物
遺失 物 の 보관 期間은, 法令에 基 づ い と さ れ て い ます.

第 8 条 お 会計
(1) ご 宿 泊 代 は 全部, 現金 又 は クレジット 카드로, お お し だ せ ず だ. 또한, 当 ホテル가 認定 さ れ て も 代 と さ れ て い ます.
(2) 추가 서비스의 세부 사항에 대해서는, 그 부분에 대해 지불을 요구할 것입니다. 해당 호텔이 허락하지 않는 경우, 객실을 분명히 전달할 경우가 있습니다.
(3) 本館 下 コ ン ビ ニ ー ン エ ス ト ス ト ア 및 호텔 外 の お 買い物 の お 替 え は い て い ない で ご 了承 ください.

第 9 条 호텔 内 で は ほ い の 客 迷惑에 下 記 物의 持 ち, 行為 は ご 遠慮 く だ さ い.
(1) 犬 · 猫 · 小鳥 そ の 他 の 愛玩 動物.
(2) 発火 또는 引火 性 の もの.
(3) 悪 臭 · 害 毒 を 発 す も の.
(4) そ の 他 法令에서 所持 を 禁止 し て いる もの.
(5) と ば く · 威圧 的 な 言 動 · 風紀 を 乱 す るよ う な 行為, ま た は ほ く の お 客 に 嫌悪 感을 与 え, も し は 迷惑 (騒 音 等도 含 む)에 가까운 행운과 言 動.
(6) 装 付 品 の 이동 또는 使用 目的 이외의 ご 利用.
(7) 広 告, 宣 伝 物 の 配 布, 物品의 販 売, 勧誘 など.

第 10 章 資源 を 大 切 に 사용하기, 節電 · 節水 に ご 協力을 お願い し たい.